ニキビ治療のための市販薬と処方薬

ニキビの症状が軽い場合、ドラッグストアなどで簡単に購入できる治療薬がよく使われますが、種類がありますのでしばしば迷ってしまいます。効果はもちろんのこと、即効性や塗り心地、価格など総合的に選ぶ必要があります。外用薬では、クリーム状のものがほとんどなので、メイク前には使えず夜だけの使用となることもあり、そのような場合は飲み薬を使用するなどの対処が必要となります。ニキビの症状がひどい場合は、すぐに皮膚科を受診した方が良いです。

「ニキビくらいで」と思わずに、皮膚科医の適切な指導のもと、しっかりと治療しましょう。化膿して跡が残ると、紫外線などの外部刺激によってニキビ跡がシミのように濃くなることもありますし、簡単には消すことができません。市販薬の場合、治療薬の主な目的は、原因菌であるアクネ菌の殺菌、赤みやかゆみ、痛みを引き起こしている炎症を鎮めるというものになります。予防するための塗り薬ではなく、患部の鎮静化を狙ったものです。

皮膚科でも市販薬と同様、殺菌作用や抗炎症作用を持つ医薬品が使われますが、市販薬よりも断然幅広い種類のお薬が使えます。例えば、抗生物質もそのひとつで、抗生物質を用いるか用いないかでは治療の効果が全く違ってきます。抗生物質は原因菌を増やさないようにすることができるので、炎症などに高い効果を発揮します。ニキビの原因は人それぞれであり、一方向からの治療ではなく、多方面からの長期的なアプローチが有効な場合がほとんどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です