自分でできるニキビ治療は洗顔から

洗顔は自分でできるニキビ治療のなかでも一番大切な基本です。ただ間違った方法で洗顔すると効果がないだけではなく逆効果になることもあります。早く治したい。だから1日に何回も洗顔すればそれだけ治療効果があるのではないか。

そのように考えたくもなりますが、これは症状を悪化させかねない間違った方法です。そのため1日に2回が理想です。ニキビは皮脂が多いから洗顔回数を増やした方がいいのではないか。そのように考える人もいるかと思いますが、皮脂というものが存在するのは理由があり、肌を乾燥や刺激や異物から身を守るためにあるのです。

それを完全に落としてしまっては皮脂が足りない、肌を守るにはもっとたくさん出す必要があると感じてしまい、逆に皮脂の分泌量が増えてしまうのです。そうなれば毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、ニキビも増えやすくなってしまいます。これではいけません。またニキビ治療を考えた場合、洗顔した後のケアも大切です。

洗顔直後は汚れだけでなく皮脂も完全になくなっている状態です。そのため洗顔後のケアをしないと皮脂が出やすくなります。ケアの方法は化粧水をつけるだけでいいのですが、オイルフリーのものを使うようにします。それから化粧水を選ぶときに注意することがもうひとつあります。

それは使用後のさっぱり感をだすために化粧水のなかにアルコールが含まれているものがあるということです。ニキビにとっては刺激になるため、アルコールのはいっていないものを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です