ニキビを作りやすくしてしまうスキンケアとは

思春期の頃から、顔の肌にニキビはできはじめます。思春期の頃のニキビの原因は、皮脂が過剰に分泌されていたり、ホルモンバランスが乱れていたりというものが挙げられます。これらの原因は、年齢が上がるにつれて変わっていきます。20歳頃を過ぎていくと、過剰に皮脂が分泌されることは少なくなり、メイク残りや運動不足、ストレスが原因となってきます。

肌に残った過剰な皮脂を取り除いたり、メイクをしっかり落とそうとすると、強い洗浄成分の洗顔料やメイク落としを使ってしまいがちです。そうすると、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまい、肌を乾燥状態にしてしまいます。肌が乾燥状態を察知すると、乾燥から守ろうとさらに皮脂を分泌しようとして、これが再びニキビの原因となってしまいます。メイク落としの強い味方に、オイルクレンジングがありますが、オイルが肌に残ってしまったり、すでに肌にできているニキビを悪化させる原因になることもあります。

敏感肌だったり、すでにニキビができてしまっているお肌には、強いメイク落としよりも、ジェルやクリームなどのクレンジング剤をたっぷり使って時間を掛けてメイク落としをすると良いです。乾燥から肌を守るためには、洗顔後は化粧水や乳液、クリームを使って保湿をすることが肝心です。洗顔だけでなく、お顔そりや日焼けした後にも保湿をします。肌が乾燥していると、しわや毛穴の開きの原因にもなります。

保湿を徹底するよう心がけます。表参道のニキビ治療のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です