ニキビを作りづらくする環境づくり

ニキビができる原因は、肌の毛穴にばい菌と皮脂が詰まって炎症を起こしたもので、赤や白、黒などのぷつっとしたできものとなって現れます。触ると痛いし、見た目にも良くないので、なるべく作りたくはないものです。少なくとも、メイクをしたときにはその日のうちに必ずメイク落としを使って優しくメイクを完全に落とします。皮膚の上に化粧品が残っていると、参加して毛穴を塞いで炎症の原因となります。

お肌に現れるニキビの中には、体の不調を表しているものがあります。メイクが落としが不十分だった原因以外にも、ホルモンバランスの乱れ、便秘、睡眠不足、ビタミン不足などがあります。体の環境が不健康な方向に傾いていると肌にニキビができやすくなります。きれいな肌を保つために、簡単な方法として、質の良い睡眠をとること、野菜やフルーツからビタミンを摂ることが挙げられます。

特にビタミンは、市販のビタミン剤からも補給することが可能です。水溶性のため、すぐに体から出てしまうので毎日続けると効果的です。バランスのとれた食事は肌に良いだけでなく体の健康にもつながります。ホルモンバランスの乱れは、睡眠不足、ストレス、偏食によって引き起こされます。

これらの原因となる要素をなるべく取り除くことでニキビの発症を抑えられます。それが難しかったりそれでもニキビができてしまう場合には、婦人科に相談し、ピルを使ってホルモンバランスを整えることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です