ニキビを治す前に生活習慣や環境をまず見直してみよう

どれだけニキビをなおすためにお金をかけたとしても、生活習慣や生活環境が原因でニキビができてしまっている場合は、治ってもすぐにまたすぐにできてしまう場合があります。生活習慣や生活環境が原因のときは、ニキビを治すことに専念するよりも先に、原因をなくすことに専念した方がいいのかもしれません。特に、ニキビができてしまう原因として、普段使用しているものが清潔でない、ということがよくあります。毎日使用している布団やまくらを、ずっと同じものを使用して洗濯していない、干していない場合、雑菌がずっと溜まっていくことになるので、お肌にも雑菌が移ってしまい、ニキビができてしまうのです。

そんなときは、天気のいい日にまくらと布団を外に干して、太陽の光を浴びさせることで除菌をすることができます。天気が悪い日に外に干してしまうと、逆効果となってしまう可能性があるので、天気が悪い日には除菌効果のあるスプレーを吹きかけましょう。また、毎日使っている携帯が原因となっている可能性もあります。携帯電話は電話をするときに肌に密着させたり、手を使って操作しています。

携帯電話を除菌することはほとんどないので、雑菌が溜まっている可能性があるのです。定期的に除菌した布で携帯をふくと効果的です。また、揚げ物をたくさん食べたり、お菓子を食べているとお肌によくありません。お肌が荒れてきたな、と感じた時は、食べる量を控えめにしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です