大人ニキビの原因とその対処法

思春期の子どもに多いとされているニキビですが、大人にもニキビの症状が出る事はあります。特徴としては、口やあご周りにできる事が多い、整理前になると発症する確率が高くなる、乾燥してかさかさしているなどです。思春期に増加するニキビとは、根本的に原因が異なっているので、思春期の時のような対処では、効果的に除去できない事が多いです。原因として考えられるのは、古い角質の蓄積です。

古い角質は代謝されて排出されるはずなのですが、新陳代謝が悪化すると、古い角質は除去されずに蓄積して言う事になります。その角質が毛穴をふさいでしまうと、ふさがった毛穴にアクネ菌という原因物質が繁殖してしまい炎症を引き起こします。その結果、大人ニキビが出現してしまうというメカニズムになっています。日常のふとした要因がかな去っている事が多いのが特徴ですが、その要因として考えられているのが、ストレスと睡眠不足です。

ストレスや睡眠不足は、ホルモンバランスの乱れを生じてきます。女性であれば、プロゲステロンは皮脂の分泌を促進する働きがあり、エストロゲンが肌の保湿を維持する機能を担っています。このバランスが崩れてしまうと、肌の古い角質を正常に除去する事ができなくなり、最終的にニキビができてしまうと考えられています。また、女性であればメイクにも注意が必要です。

男性であっても、洗顔方法には気をつけておくべきです。メーク汚れが毛穴につまる事が原因となりえますし、洗顔の際に異常に強く洗ってしまうと、本来必要な皮脂の成分まで洗い流してしまい、逆に乾燥して原因となる事があるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です